FL55SS鏡筒特設ページ

特設ページ

2021.04.27

今回ご紹介するFL55SS鏡筒は、「初心者でも美しく天体写真を撮れる望遠鏡」をコンセプトに開発された天体望遠鏡です。
綺麗な天体写真を撮ってみたいけど、機材の扱いが難しそう…という方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめの“高性能望遠レンズ”FL55SS鏡筒を使った撮影方法をご紹介します。

撮影方法STEP1
撮影方法STEP2

FL55SS鏡筒の紹介

望遠レンズとして扱える焦点距離300mm

天体撮影においては様々な天体が狙える非常に便利な焦点距離。
焦点距離が短いからこそ、複雑な撮影システムも不要で手軽に天体撮影ができます。

天体望遠鏡としてだけではなく、望遠レンズとして活用できる特徴的なこの1本。日中の風景撮影にも十分お使いいただけます。

望遠レンズでは表現できない鋭さ

高性能カメラレンズに採用されているフローライトレンズを搭載。天体撮影では特に嫌悪される色収差も大幅に軽減されています。日中の撮影においても色収差を感じさせません。

また天体望遠鏡は、一般的なカメラ用望遠レンズに比べて圧倒的にレンズ枚数が少ないことも特徴です。明るさを確保し、シャープな像を得ることができます。FL55SS鏡筒を活用する大きなメリットです。

軽量・コンパクト

鏡筒重量1.5kg、長さ約28㎝と軽量・コンパクトなため、大きめのカメラバックにも収納可能です。天体撮影以外の撮影にも持ち出したくなる鏡筒です。

付属のスライドバーを取り外すと、1/4インチ(2箇所)、3/8インチのネジ穴が現れます。お手元のカメラ三脚に搭載可能*です。
*三脚の耐荷重にはご注意ください。

天体撮影初心者に

FL55SS鏡筒は、周辺光量が非常に豊富*で撮影後の画像処理を大幅に簡略化できるため、初めて天体写真を撮影される方におすすめの天体望遠鏡です。
また一般的なカメラ用望遠レンズと比べて、周辺の星までしっかり点像に撮ることができます。
*イメージサークルΦ44mm

FL55SS鏡筒での作例

カメラ用望遠レンズでの作例

フルサイズ一眼レフ使用の場合
・フラットナーのみ使用 96%
・フラットナー+レデューサーHD5.5併用 86%
APS-Cサイズ一眼カメラ使用の場合
・フラットナーのみ使用 99%
・フラットナー+レデューサーHD5.5併用 97%
専用レデューサー(別売)を併用すると、焦点距離237mmF4.3の短焦点レンズに変貌します。

天体観察にも

天体望遠鏡として天体観察もお楽しみいただけます。
フローライトレンズを採用したことで、コンパクトながら高倍率でも迫力ある像が得られます。

全2回に分けて撮影方法をご紹介

Vixen
天体望遠鏡 FL55SS鏡筒

118,800円 (税込)

コンパクトなフォトビジュアル鏡筒。
フローライトレンズを搭載した大変コンパクトなフォトビジュアル鏡筒です。
専用のフラットナーレンズとレデューサーレンズ(別売)の併用により高性能アストロカメラとしても活躍します。フルサイズ一眼カメラの写野全域にわたりシャープな像を結びます。

詳細はこちら

このページをシェアする

アクティビティ一覧に戻る