Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット

Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット —
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット —
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット
Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキット

イメージ読み込み中

  • —

メーカー小売希望価格: 56,000円 (税別)

オンラインストアで見る

星雲の写真を撮ろう!高性能フラットナー&レデューサーのセット

SD81S、SD103S、SD115S鏡筒用の高性能フラットナーレンズとレデューサーレンズおよび接続リングのセットです。

SDレデューサーHDキット×旧鏡筒(直焦点)スポットダイアグラム

SDレデューサーHD キットの発売にあたり、弊社製旧製品鏡筒に取付けた場合のお問い合わせが増えております。
これに伴い、同商品で一定の効果が得られると考えられる鏡筒における「スポットダイアグラム」を公開いたします。

SDレデューサーHDキット×旧鏡筒(直焦点)スポットダイアグラム

Vixen 天体望遠鏡 SDレデューサーHDキットの特長

  • 高性能フラットナー&レデューサーのセット

    SD81S、SD103S、SD115S鏡筒用の高性能フラットナーレンズとレデューサーレンズおよび接続リングのセット※です。像面の平坦化により写真性能が向上、また焦点距離を約0.79倍に短縮します。

    SDシリーズ鏡筒で2つの焦点距離による高レベル直焦点天体撮影をお楽しみいただけます。

  • フルサイズ一眼カメラの写野全面シャープな星像

    SDフラットナーHDはSDシリーズ鏡筒の焦点距離変化を最小限に抑えつつ直焦点による平面性を改善、写真性能が大幅に向上します。イメージサークルΦ44mmを確保、フルサイズ一眼カメラの写野をカバーできます。

    また、セットに含まれるレデューサーHDとの併用によりイメージサークルΦ44mmを維持しながら焦点距離を約0.79倍に短縮(F7.7→6.1)。さらにシャープネスも大幅に向上、フルサイズ一眼カメラの写野全面にわたり鋭い星像が得られます。

  • 高コントラスト!ASコーティング採用!

    レンズ面にはVSD100F3.8、コレクターPHで定評のある高品位反射防止コーティング:ASコーティング(1面当たり透過率99.9%以上)を採用。さらに丁寧なつや消しなどを施し内面反射と光量ロスを徹底排除しています。

  • AX103S、VC200Lに対応

    付属品のひとつ、レデューサーHDはAX103S、VC200Lでレデューサーとして使用できます。

    AX103Sはフラットナーレンズを内蔵しており、鏡筒単体でも高い写真性能を持ちます。このため、SDフラットナーHDを併用せず、レデューサーHDをそのまま使用できます。

    AX103Sではイメージサークル44mmでフルサイズ一眼カメラの写野をカバーします。

    VC200Lはフラットナーレンズを内蔵しており、鏡筒単体でも高い写真性能を持ちます。このため、SDフラットナーHDを併用せず、レデューサーHDをそのまま使用できます。

    VC200Lではイメージサークル36mm(最周辺光量60%)※が得られ、APS-C一眼カメラの写野を十分カバーできます。

    イメージサークルΦ44mm※では最周辺光量47%ながら中心部とそん色ない鋭い星像が得られます。

    ※イメージサークルΦ28.8mmにてAPS-C一眼カメラ、Φ44mmでフルサイズ一眼カメラの写野をカバー。

  • 作例 「球状星団M3(SD103S+SDフラットナーHD)」

    フルサイズ・APS-Cについて

    一眼カメラにおける受光部平面(センサーまたはフィルム)の大きさ形状を表すサイズの通称です。主なサイズとしてフルサイズ(36×24mm)、APS-C(23×16mm)、フォーサーズ(17.3×13mm)があります。カメラ機種により多少の違いがありますので、詳しくは市販のカメラ説明書、カタログ等にてご確認ください。一般に受光部平面が大きいほど広い範囲を撮影できます。

  • 作例 「アンドロメダ星雲M31(SD103S+SDフラットナーHD+レデューサーHD)」

  • システム図

主要スペック

  • レンズ構成
    SDフラットナーHD:1群2枚
    レデューサーHD:2群2枚
  • コーティング
    ASコーティング
    (一面あたり透過率99.9%以上)
  • 大きさ/重さ
    SDフラットナーHD:Φ58×34mm/111g
    レデューサーHD:Φ68×45.2mm/218g
    スペーサーリングSD81:Φ57.5×22.5mm/18g
    EXチューブ66:Φ68×76mm/89g
  • その他
    SDフラットナーHDとレデューサーHDには52mmフィルター(市販品)取付可

SD81S鏡筒:主要光学スペック

  • SDフラットナーHD(倍率) F値
    625mm→644mm(1.03x) F7.7→7.9
  • SDフラットナーHD + レデューサーHD 焦点距離(倍率) F値
    625mm→496mm(0.79x) F7.7→6.1
  • イメージサークル※1
    Φ44mm
  • 周辺光量
    89%(SDフラットナーHD)、72%(SDフラットナーHD + レデューサーHD)

SD103S鏡筒:主要光学スペック

  • SDフラットナー(倍率) F値
    795mm→811mm(1.02x) F7.7→7.9
  • SDフラットナーHD + レデューサーHD 焦点距離(倍率) F値
    795mm→624mm(0.79x) F7.7→6.1
  • イメージサークル※1
    Φ44mm
  • 周辺光量
    83%(SDフラットナーHD)、63%(SDフラットナーHD + レデューサーHD)

SD115S鏡筒:主要光学スペック

  • SDフラットナー(倍率) F値
    890mm→908mm(1.02x) F7.7→7.9
  • SDフラットナーHD + レデューサーHD 焦点距離(倍率) F値
    890mm→699mm(0.79x) F7.7→6.1
  • イメージサークル※1
    Φ44mm
  • 周辺光量
    80%(SDフラットナーHD)、60%(SDフラットナーHD + レデューサーHD)

AX103S鏡筒:主要光学スペック

  • 焦点距離(倍率) F値
    825mm→635mm(0.77x) F8→6.2
  • イメージサークル※1
    Φ44mm
  • 周辺光量
    63%

VC200L鏡筒:主要光学スペック

  • 焦点距離(倍率) F値
    1800mm→1386mm(0.77x) F9→6.9
  • イメージサークル※1
    Φ36mm※2
  • 周辺光量
    60%

  • ※1:良像範囲、かつ周辺光量60%以上を確保。Φ44mmでフルサイズ、Φ28.8mmでAPS-C一眼カメラボディの写野をカバー。
    ※2:良像範囲はΦ44mm(最周辺光量47%)。

セット内容

  • レデューサーHD
  • SDフラットナーHD
  • スペーサーリングSD81
  • EDチューブ66
※購入を希望される商品の入荷・在庫確認は、各販売店や通販サイトへ直接お問い合わせください。
※仕様及び外観は改善のため予告なく変更することがあります。

SDレデューサーHDキット×旧鏡筒(直焦点)スポットダイアグラム

SDレデューサーHD キットの発売にあたり、弊社製旧製品鏡筒に取付けた場合のお問い合わせが増えております。
これに伴い、同商品で一定の効果が得られると考えられる鏡筒における「スポットダイアグラム」を公開いたします。

SDレデューサーHDキット×旧鏡筒(直焦点)スポットダイアグラム

このページをシェアする