星空観察のための超低倍率双眼鏡がリニューアル! 「SG2.1×42H」を12月1日(水)に発売

製品

NEW

2021.11.24

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、星空の観察におすすめの双眼鏡「SG2.1×42」の後継機「SG2.1×42H」を2021年12月1日(水)に発売します。

超低倍率2.1倍、口径42mmというスペックが、広い範囲の星空を見渡すことを可能にします。倍率6~10倍程度の双眼鏡と比べると圧倒的な開放感があります。

■低倍率広視界

天体望遠鏡や高倍率の双眼鏡よりも視野が非常に広いため、大きな星座を一目で観察したり、天の川が長く伸びている様子を観察したりするのに適しています。
肉眼で見るよりも星が明るく見え、郊外の暗い夜空はもちろん都会でも星空を楽しむことができます。

■フーリーマルチコーティング

レンズ全面を多層膜コーティングしたフーリーマルチコーティングを採用。コントラストの効いた明るくクッキリとした視野で星々をとらえます。

■ハードケース付

機材をやさしく保護するEVA製のハードケース付き。キャンプなど、お出掛けの際に携帯するのに大変便利です。

■Made in Japan / Saitama

金属加工から組立までのすべてを埼玉県内で行った
“Made in Japan / Saitama”の製品です。

商品名:SG2.1×42H

<発売日>2021年12月1日(水)
<メーカー希望小売価格>¥30,800(税抜¥28,000)
<商品コード>19176
<JANコード>4955295191765
<製品ページ>https://www.vixen.co.jp/product/19176_5/

仕様
商品名 SG2.1×42H
対物レンズ有効径 42mm
倍率 2.1倍
アイレリーフ 8.4mm ※1 ※2
至近距離 約2m
目幅範囲 55~74mm
防水性
大きさ 46×128×54mm(除・突起部)
重さ 410g(本体)

※1
星座観察用双眼鏡SG2.1×42Hはガリレオ式と呼ばれる光学系を採用しています。この形式の特性上、厳密には決まった実視界、見掛視界、アイレリーフが存在しません。このため、アイレリーフを除いて、取扱説明書、カタログ、WEB等では表記しておりません。アイレリーフのみ取扱説明書などで数値をスペックに掲載していますが、これは眼鏡を併用される方への配慮として目安表記しているものです。

※2
■参考(おおよその目安)
実視界:12.2度/見掛視界25.2度/アイレリーフ8.4mm
実視界、見掛視界はアイポイント8.4mmで計測した場合の数値です。アイポイント5.6mmの位置では見掛視界28度(実視界13.6度)になります。このように視位置によって値が変わりますのでご了承ください。

このページをシェアする

記事一覧に戻る

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

イベントカレンダー

2017年 5月 1日

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

カレンダーを閉じる