セレストロン社製品 液晶画面の付いた顕微鏡2機種を 2020年3月19日(木)より販売開始

製品

2020.03.16

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、2020年1月1日より日本における総代理店契約を締結している米国セレストロン社製のデジタル顕微鏡2機種の販売を、2020年3月19日(木)より開始します。今回発売する製品は「LCDデジタル顕微鏡Ⅱ」及び「TetraView LCDデジタル顕微鏡」です。

<LCDデジタル顕微鏡Ⅱ>

液晶デジタル顕微鏡のエントリーモデルです。 自由研究や教育にはもちろん、ご家庭やアウトドアシーンなどでもご使用いただけます。LED照明が付属しているので、場所や時間を選ばずに安定した観察ができます。

■3.5インチフルカラー液晶画面・500万画素のCMOSカメラを搭載
セットした標本は液晶画面から観察できます。液晶部分が180度回転するため、複数人での観察にも適しています。付属のUSB Mini-BケーブルやAVケーブルを使用すれば、テレビなどの外部ディスプレイへ出力することができます。

■3種類の対物レンズとデジタルズーム機能
3種類の対物レンズによってそれぞれ40倍、100倍、400倍での観察が可能です。さらに、デジタルズーム機能を使用することによって160倍、400倍、1600倍といった高倍率での観察も可能になります。

■SDカードへの保存が可能
2GBのSDカードが付属し、カードスロットは最大32GBまで対応しています。微生物などの動きも動画で撮影・保存できるため大変便利です。

製品名:LCDデジタル顕微鏡Ⅱ

<発売日>2020年3月19日(木)
<価格>オープン価格
<商品コード>36101
<JANコード>4955295361014
<商品ページ>https://www.vixen.co.jp/product/36101_4/

<TetraView LCDデジタル顕微鏡>

LCDデジタル顕微鏡Ⅱの上位機種です。 タッチパネルによって、動画や写真での保存や、露出値の調整などが手軽に行えます。LED照明が付属しており、場所や時間を選ばずに安定した観察ができるため、自由研究や教育にはもちろん、ご家庭やアウトドアシーンなどでもご使用いただけます。

■4.3インチフルカラー液晶タッチパネル・500万画素のCMOSカメラを搭載
セットした標本は液晶画面から観察できます。付属のタッチペンや指で直接液晶タッチパネルを操作できるため操作性にも優れています。
液晶部分が180度回転するため、顕微鏡を動かすことなく複数人で観察することも可能です。付属のUSB Mini-BケーブルやAVケーブルを使用すれば、テレビなどの外部ディスプレイへ出力することができます。

■4種類の対物レンズとデジタルズーム機能
4種類の対物レンズによってそれぞれ40倍、100倍、200倍、400倍での観察が可能です。さらに、デジタルズーム機能を使用することによって160倍、400倍、800倍、1600倍といった高倍率での観察も可能になります。
また、ピント調整はデュアルノブを採用しているので、微調整を容易に行うことができます。

■SDカードへの保存が可能
2GBのSDカードが付属し、カードスロットは最大32GBまで対応しています。微生物などの動きも動画で撮影・保存できるため大変便利です。

製品名:TetraView LCDデジタル顕微鏡

<発売日>2020年3月19日(木)
<価格>オープン価格
<商品コード>36102
<JANコード>4955295361021
<商品ページ>https://www.vixen.co.jp/product/36102_1/

セレストロン社
米国カリフォルニア州トーランスに本社を置く天体望遠鏡ブランドです。1950年代に事業をスタート、世界で初めてシュミットカセグレン式天体望遠鏡の大量生産に成功。現在では手軽に扱える自動導入タイプの天体望遠鏡から大型鏡筒や架台までをラインナップし、革新的な製品開発と優れた技術力により広く世界に知られています。

このページをシェアする

記事一覧に戻る

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

イベントカレンダー

2017年 5月 1日

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

カレンダーを閉じる