ホワイトにカラー変更して新登場『VMC260L(WT)鏡筒』を2018年12月5日(水)に発売

製品

2018.10.23

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、『VMC260L(WT)鏡筒』を2018年12月5日(水)に発売します。

口径260mm、ビクセンオリジナルマクストフカセグレン式の『VMC260L鏡筒』を、従来のグリーンからホワイトにカラー変更、他の鏡筒とカラーを統一し発売します。それに伴い、製品名を『VMC260L(WT)鏡筒』とします。『AXD2赤道儀』との天体セットもこのホワイトの鏡筒となり、同日発売します。

『VMC260L(WT)鏡筒』

<発売日>2018年12月5日(水)
<価格>44万8000円(税別)
<商品コード>26302_8
<製品ページはこちら>

『AXD2-VMC260L(WT)』

<発売日>2018年12月5日(水)
<価格>158万8000円(税別)
<商品コード>36947-8
<製品ページはこちら>
https://www.vixen.co.jp/product/36947_8/

『AXD2-VMC260L(WT)-P』

<発売日>2018年12月5日(水)
<価格>162万8000円(税別)
<商品コード>36948-5
<製品ページはこちら>
https://www.vixen.co.jp/product/36948_5/

<WEBサイト>
株式会社ビクセンが企画・協力・協賛しているイベントは、以下のページでお知らせします。

株式会社ビクセン  https://www.vixen.co.jp/
facebookページ  https://www.facebook.com/tonakaifanpage
 
また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種のご依頼を随時承っております。
https://www.vixen.co.jp/event/event_info/

<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949年  本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー

このページをシェアする

記事一覧に戻る
イベントカレンダー