新東名・岡崎サービスエリアで開催 「日食観察」&「天体観察」に協力

イベント

2016.03.08

株式会社ビクセンは、新東名高速道路に今年誕生したサービスエリア「NEOPASA 岡崎(愛知県岡崎市)」で、3月8日(火)・9日(水)に実施される『天体観察会』に協力します。

イベント開催日の2日目、3月9日(水)は、日本全国で太陽が欠けて見える「日食」の日。今回は月が太陽の一部を隠す「部分日食」です。
3月9日当日は、岡崎天文同好会による「部分日食観察会」が開催されます。太陽観察用の特殊なフィルターを付けた望遠鏡を使って、「部分日食」をご覧いただけます。また前日となる8日の日中には太陽の黒点観察を、さらに夜には星空観察を実施します。
ビクセンはこのイベントに協力し、「部分日食」当日は、手軽に太陽を観察できる日食グラスを販売します。日食前日の8日の日中には手作り望遠鏡ワークショップを実施、夜の星空観察会ではビクセンの天体望遠鏡や双眼鏡を貸し出します。

日本全国で「日食」が観察できるのは、2012年の「金環日食」から約4年ぶり。自然豊かなNEOPASA 岡崎で、”星と日食”を満喫しませんか。

みなさまのご参加をお待ちしております。

新東名 NEOPASA 岡崎『天体観察会』

日時:3月8日(火)14:00~16:30 太陽の黒点観察会
19:00~22:00 星空観察会
3月9日(水) 9:00~14:00 部分日食観察会
参加料:無料
※予約は不要です。

※ビクセンでは、イベントに関するお問い合わせにはお答えできません。

このページをシェアする

記事一覧に戻る

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

イベントカレンダー