ネパール大震災の被災者支援、無数に輝く“星とみんなの想い” 「ダレデモドーム作りと星空キャンプ」ツアーに協力

イベント

2015.09.10

ネパール大震災の被災者支援、無数に輝く“星とみんなの想い” 「ダレデモドーム作りと星空キャンプ」ツアーに協力

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、国境を越えて災害支援を行なうアウトドア活動家のグループ、アウトドア災害支援チーム“結ぶプロジェクト”(代表:大木ハカセ氏)の活動に賛同し、同プロジェクトの活動の一環として行われるツアー、「ダレデモドーム作りと星空キャンプ~ネパールへ贈ろう~」(9月12日(土)~13日(日))に協力します。ツアーでは、夜のキャンプ場でのアクティビティとして、ビクセンの天体望遠鏡を使用した星空観察会が開催されます。

ネパール大震災の被災者支援、無数に輝く“星とみんなの想い” 「ダレデモドーム作りと星空キャンプ」ツアーに協力

「ダレデモドーム作りと星空キャンプ」ツアーは、一人一人の気持ちと気持ちが結びつき、被災地の復興及び被災者の方々の生活がいち早く実る為の支援をしていく事を目的として実現しました。このツアーで大切にしているのは、資金ではなく労力というかたちでの支援、そして何より自身が「楽しみながら」参加し、国境を越えて被災者と“つながる“という人の”想い“の支援です。ビクセンは、支援する方自身がもっと楽しめるよう、夜に実施される星空観察会に天体望遠鏡を貸出します。

ネパール大震災の被災者支援、無数に輝く“星とみんなの想い” 「ダレデモドーム作りと星空キャンプ」ツアーに協力

今回のツアーは、今年4月にネパールで発生した大地震の被災者を支援する活動の一環として行われます。作成するドームテントは、結ぶプロジェクトのメンバーで極地建築家の村上祐資氏が設計したもので、プラスチックダンボールを加工して組み立てます。完成したテントは村上氏が自ら被災地に持ち込み、家を失った被災者の仮説住宅として活用されます。

トライアルイベントレポート(ビクセンYOUTUBEチャンネル)

ダレデモドーム作りと星空キャンプ~ネパールへ贈ろう~

日程:2015年9月12日(土)~9月13日(日)2日間
定員:24名(最少催行人数7名)
集合・解散:JR韮崎駅(山梨県)
旅行代金:16,000円(消費税込)+5,000円以上(材料費&寄付金/現地払い)
※学生割引:-3000円(社会人学生除く)
ガイド:村上祐資
ツアーの詳細はこちらのURLをご覧ください。
http://hitotabi.co.jp/tour/5719.html
※ビクセンは、このツアーに関するお問い合わせにはお答えできません。

<アウトドア災害支援チーム“結ぶプロジェクト”>
http://musubu-project.com/

本件に関するお問い合わせ
株式会社ビクセン 企画部:都築(つづき)・藤田(ふじた)
TEL:04-2944-4000 FAX:04-2944-4045
Email:tsuzuki@vixen.co.jp・fujita.a@vixen.co.jp

株式会社ビクセン 会社概要
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社所在地 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー
ビクセンホームページ https://www.vixen.co.jp/

このページをシェアする

記事一覧に戻る

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

イベントカレンダー

2017年 5月 1日

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

カレンダーを閉じる