快適な天体写真撮影を実現 機材の保温・保護に便利な「カメラバッグインナーヒーター」7月28日発売

製品

2016.07.25

総合光学機器メーカー、株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、寒冷地の天体写真撮影に役立つアクセサリー「カメラバッグインナーヒーター」を7月28日(木)に発売いたします。

快適な天体写真撮影を実現 機材の保温・保護に便利な「カメラバッグインナーヒーター」7月28日発売

◆厚手のウレタン素材で機材を衝撃から保護し、夜露の付着を防ぐ
「カメラバッグインナーヒーター」は、結露防止とバッテリー保温、機器の保護が可能なインナーバッグです。お持ちのカメラバッグやトートバッグなどに入れて使うことで、機材を保温し夜露の付着を防ぎます。新開発のヒーターユニットAHF(Active Heat Fabric)を採用、面全体で発熱するため効率よく保温ができます。バッグには厚手のウレタンフォームを使用しているので、衝撃から機材を守るとともに熱を外に逃がしません。さらにバッグの口の面ファスナーを閉じることでよりいっそう保温能力を高めることが可能です。内部には2枚の間仕切りがあり、さまざまなサイズや形の機材を収納できます。
電源はUSB接続の市販のモバイルバッテリーを使用してください。目安として5000mAhのバッテリーで3~5時間の使用が可能です(※)。
※ 20℃の場合。外気温によってヒーターの持続時間は変化します。

◆視認性の良いカラーと水分が乾きやすい裏地を採用
カメラバッグインナーヒーターは、暗い環境でもカメラのアクセサリーなどを簡単に探せるよう、バッグの内側には明るい黄色の生地を採用しています。また、裏地には水を弾く起毛のポリエステル素材を採用しているため、ドライな環境を維持することができます。

「カメラバッグインナーヒーター」

素材:ポリエステル(表・裏生地)、ウレタンフォーム(緩衝材)
ヒーター:アクティブヒートファブリック
温度特性:外気温+10℃
電源・消費電力:USB電源5V 1A 4W
動作目安:約3~5時間(USBモバイルバッテリー5000mAhフル充電時)
サイズ:H260mm×W490mm×D200mm(電源コード含まず)
重さ:約260g

【価格】

¥13,000(税別)

【発売日】

2016年7月28日(木)

<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、
ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ビクセン
企画部 都築(つづき)・藤田(ふじた)
TEL 04-2944-4000  FAX 04-2944-4045
Email tsuzuki@vixen.co.jp ・ fujita.a@vixen.co.jp

このページをシェアする

記事一覧に戻る

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

イベントカレンダー

2017年 5月 1日

イベントカレンダー

色のついた日にちをクリックすると、イベント内容がご覧いただけます。

カレンダーを閉じる