TOP >  採用情報 >  社員の紹介

採用情報 2016年度採用について 募集職種一覧 社員の紹介 コーポレートメッセージ

国内営業職(事務職含む)

営業部 主任(2007年入社)

国内営業は、天体望遠鏡や双眼鏡など、弊社の取扱う製品を販売してくださる販売店(望遠鏡専門店やカメラ店、アウトドアショップなど)様への営業活動が主になります。 営業エリアは北は北海道、南は沖縄まで全国に渡ります。
1日のスケジュールとしては、私の場合、朝、出社後、企画書や資料作りなどデスクワークを多少こなした後、外回りへ。3~4軒回って帰社となります。
営業先で、ユーザーさんなどお客様と直接接している販売店の方々から、現場の生の声を聞くのは、とても勉強になりますね。 また営業以外にも、全国各地でビクセンが参加しているイベントでは、私たちが直接ユーザーさんと接する機会が得られて、これも刺激になります。 小学校の観望会に望遠鏡を貸出しすることなどもあるのですが、そこで、月や惑星を見て「わーっ」って素直に感動している子どもたちを見ると、嬉しくなりますよ。
入社3年目の私は、大手の販売店様を担当させていただき、社内の役割としてはたいへん重要なポジションを任されています。それだけにプレッシャーはありますが、同時にやりがいを感じています。

採用担当者からのコメント

現在、主に20代、30代のメンバーが忙しく全国を駆け回っている部署です。
最近では販売店さんの閉店時間が遅くなってきているので、遅い時間まで電話応対を行ったり、数日間地方出張が続いたりと、営業マンにかかる負担は決して軽くありません。 しかしそこは個々のフットワークの良さで、乗り切っているようです。
経験があるかないかという事よりも、行動力に自信のある方の応募をお待ちしています。


研究開発職

研究開発部 課長(1985年入社)

弊社では「SX赤道儀」に見られるような、望遠鏡業界でもかなり斬新な製品を世に送り出しています。まさにそれらの製品を開発するのが、研究開発部の業務です。かなり専門的な分野になるので原則としては、
・レンズ設計
・電子回路設計
・ソフトウェア開発
・機構設計
・機械設計
といった経験を持っていらっしゃる方が適していると思います。
現在、開発部のメンバーは5名おりますが、全員、40歳代以上ですので発想の柔軟性というのでしょうか、そのあたりがちょっとね(笑)。もう数年前の話になりますが、SX赤道儀を開発中のときのこと…。デザインを含め、あまりにも画期的だったので、商品化しておきながら実は「本当にこんな望遠鏡が受け入れてもらえるのだろうか?」と、半信半疑の部分があったんですよ。でも発売してみたら、大ヒット。わからないものですねぇ。
現在も、天文業界に新風を吹き込むような次世代の天体望遠鏡を開発中です。ぜひ、ワクワクするような発想力をもった新たなメンバーを得られるといいですね。


SXW


APシリーズ

天体観測から撮影までのすべての星空への興味に応えるAPシリーズ。
さまざまに用意したモジュールを組み合わせることで、 経緯台、赤道儀、フォトガイダー、星空雲台(ポータブル赤道儀)などに変化します。
グッドデザイン賞受賞。