単眼鏡が広げる美術鑑賞の世界

「七宝家・並河靖之」の生涯と美意識に光を当てる初めての回顧展

《菊紋付蝶松唐草模様花瓶 一対》泉涌寺

明治時代、輸出用美術工芸として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき、1845-1927)は、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家です。没後90年を記念する本展は、初期から晩年までの作品を一堂に会する、初めての回顧展です。京都の武家に生まれた靖之は、久邇宮朝彦親王に仕えたのち、明治維新後に七宝業に取り組み始めます。知識や資材が無い中、試行錯誤して技術・意匠の改良を進め、やがて内外の博覧会で成功を収めます。工房には外国からの文化人が多数訪れ、“京都並河”ブランドは新聞や雑誌を通して海外へと紹介されました。明治29年(1896)には帝室技芸員となり、当代一流の工芸家としての地位を確立します。大正期に入ると七宝業全体の生産額が落ち込み、並河も工房を閉鎖、その名は次第に忘れ去られて行きました。


《菊紋付蝶松唐草模様花瓶 一対》泉涌寺 部分図

しかし近年、明治工芸への関心の高まりに伴い再び注目が集まっています。細密な植線、豊かな色彩、四季折々の花鳥風月、そして研ぎ澄まされた透明な黒い釉薬―。類まれな技術のみに留まらず、洗練された感性に基づき制作された七宝は、100年以上の時を経てなお光を放ち、人々を魅了します。本展では、国内外の七宝作品に加え、下絵等の関連資料を通して、その全容を明らかにします。


珠玉の作品群を一覧する回顧展

珠玉の作品群を一覧する、回顧展

東京都庭園美術館について
東京都庭園美術館は、1933年(昭和8)に建設されたアール・デコ様式の旧朝香宮邸とその空間をいかした展覧会、そして緑豊かな庭園が調和したユニークな美術館として、1983年(昭和58)の開館以来、多くのみなさまに親しまれてきました。そして2014年(平成26)にはホワイトキューブのギャラリーを備えた新館が完成し、80年余の歴史と伝統に、新たな創造空間が加わりました。文化財保護と新しい価値の創造を目指し、みなさまに芸術作品の鑑賞の機会を提供しています。


珠玉の作品群を一覧する、回顧展

開館期間
2017年1月14日(土)~4月9日(日)
開館時間
10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
※3/24、3/25、3/26、4/1、4/2、4/7、4/8、4/9は夜間開館20:00まで(入館は19:30まで)
会場
東京都庭園美術館(本館・新館)
休館日
毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
観覧料
一般:1,100(880)円 大学生(専修・各種専門学校含む):880(700)円 中・高校生・65歳以上:550(440)円
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、毎日新聞社
東京都庭園美術館 並河靖之七宝展HP


ビクセンの単眼鏡

トップページに戻る