ミニポルタでステップアップ!天体観測をはじめよう

特設ページ

2017.08.08

天体望遠鏡ってむずかしそう…と不安な方に!コンパクトで簡単、ミニポルタシリーズは気軽に使える高性能天体望遠鏡です。

ミニポルタ A70Lf

天体望遠鏡ってむずかしそう…と不安な方に!コンパクトで簡単、ミニポルタシリーズは気軽に使える高性能天体望遠鏡です。

月などをしっかり見ることができる本格仕様でありながら、扱いやすいサイズで総重量はわずか5.3kg。キャンプやアウトドアに気軽に持っていけます。お子様でも運びやすい軽さが魅力のビギナー向け。組み立ても簡単で、天体観測をはじめてみたいという方にオススメです。

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lf

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lf

35,000円 (税別)

コンパクトで気軽に使える高性能天体望遠鏡

ミニポルタ VMC95LB

月だけじゃなくって、ゆくゆくは銀河や木星の縞模様も観てみたい!という方におすすめ!

ミニポルタ A70Lfに比べて口径が大きく、多くの光を取り込むことができるため、淡い光の星雲などの観測も可能です。 レンズと鏡を併用した鏡筒はとてもコンパクト。外に持ち出すのはもちろん、ベランダでの星空観測にも最適です。月の観察や、土星の輪や木星の縞の観察にもオススメです。

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LB

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LB

63,000円 (税別)

コンパクトで気軽に使える高性能天体望遠鏡

ステップ1:月面さんぽを楽しもう!

初めての天体観測といえばやっぱり『月』!

月はわたしたちの地球に一番近い天体ですが、普段あまり注目して見ることはないかもしれません。望遠鏡を使って月を観測すると、知識としては知っていても肉眼では気づくことのできなかったクレーターの数やリアルさに圧倒されます。肉眼では円い平面に見える月も、望遠鏡で拡大して見ることでフチに奥行きを感じ「月は球体」であることを実感させられます。また、月の欠け際の境目を観察すると、クレーターの凹凸をハッキリと見てとることができます。月は満ち欠けにより日々違う表情を見せてくれるので、毎日でも観測したくなる魅力的な天体です。

「月明かり」という言葉があるほど、月は明るく見える天体です。

そのため、満月に近い月を望遠鏡で観測すると、とても眩しく、月の模様やクレーターなども見えにくくなってしまいます。そんなときは、望遠鏡に『ムーングラスND』を装着することで月明かりをバランスよく減光し、満月に近い明るい月も無理なく観測することができるようになります。

ムーングラスND

Vixen 天体望遠鏡 ムーングラスND

3,000円 (税別)

月明かりをバランスよく減光するNDフィルター採用

月はフォトジェニックで最高の被写体!いちど望遠鏡を使って月を観測すると、今度は写真に収めてシェアしたくなるもの。

ところが、スマホのレンズで望遠鏡を覗かせてブレないように撮影するのは、コツを掴まないとなかなか難しいものです。そんなときは『スマートフォン用カメラアダプター』を使えば、望遠鏡にスマホを固定でき、簡単に撮影することができます。 ブレずにクッキリ写った画面いっぱいの月の写真は、インスタ映えすること間違いなしですよ。

スマートフォン用カメラアダプター

Vixen 天体望遠鏡 スマートフォン用カメラアダプター

10,000円 (税別)

スマートフォンで手軽に天体写真

ステップ2:土星を楽しもう!

土星と言えば、輪っかがついた姿が有名な特徴的な惑星ですね。

望遠鏡を使うと、あの土星の輪も実際に目で確認することができます。 実は土星の輪は15年周期で傾きが変化していて、時期によって傾きが小さく輪が見えづらかったり、大きく傾いて見えやすかったりしています。 今年2017年はちょうど輪が大きく傾いていて、入門用の望遠鏡でも十分に輪の存在を確認することができます。

望遠鏡は口径が大きいものほど、より多くの光をとらえ、また最高倍率をより高くすることができます。土星は月と比べて遥かに遠くにあるため、とても小さく暗くなってしまいます。ご紹介した2種類の望遠鏡では、口径の大きな『ミニポルタ VMC95LB』の方が、小さく暗い土星の観察により適しています。

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LB

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ VMC95LB

63,000円 (税別)

コンパクトで気軽に使える高性能天体望遠鏡

ステップ3:アルビレオをみつけてみよう!

天体観測 夏の定番といわれるもので、アルビレオという星があります。

アルビレオは、夏の代表的な星座“はくちょう座”のくちばしの位置にあたり、夏の大三角のちょうど中心あたりに見える明るい星です。 肉眼では1つの星に見えますが、実は2つの星が並んでいるように見える“二重星”と呼ばれる星です。望遠鏡で拡大して見てみましょう。金色と青色の異なる星が寄りそっている様子が確認できます。 この様子は宝石の「トパーズ」と「サファイヤ」にも例えられるほど美しく、神秘的です。

夜空に見える星は一見どれも同じ点のように見えますが、望遠鏡を通して観測すると、それぞれ大きさや形や色が違うことがわかります。 望遠鏡で星を一つ一つ観察していくうちに、いままで平面に見えていた星空には、実は広い宇宙空間に星々が配置されていて、無限の奥行きがあることを気づかせてくれます。 自宅の庭先やベランダからでも簡単にはじめられる天体観測。みなさんもこの夏、宇宙をもっと身近に感じてみませんか。

ミニポルタ A70Lf 製品ページをみる

ミニポルタ VMC95LB 製品ページをみる

このページをシェアする

アクティビティ一覧に戻る